旅立ちました - 『年齢不詳女』への道Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

旅立ちました

先週から 体調が突然悪くなって 寝込んでいた 我が家の3番目にゃんこ

『年齢不詳女』への道DX-きくちゃんa

きくちゃんが 今朝 旅立ちました。

違う病院へ連れて行こうと 準備していた矢先のことで
息も絶え絶えなのに 必死で歩いてどこかへ行きたかったけど パタンとうずくまってしまったのを
抱き起こした瞬間 強い引きつけをおこして そのまま 逝ってしまいました。



11年間 我が家で過ごしてくれた思い出の中で きくちゃんの写真が少ないことがあまりにも残念で悔やんでいます。

上の写真は2009年8月 大好きな公園で遊んでいるところを撮ったものです。

まだ デジイチになれなくて なかなか止まってくれないので ブレた写真だらけの中 唯一座ってくれて撮れた1ショット。

『年齢不詳女』への道DX-きくちゃんb
一番最近のものでも 2010年4月のこの写真。
干したての布団の上に 忍び込んで昼寝していた1枚。

最期は骨がわかるほど ガリガリにやせてしまったので ふっくらしているきくちゃんの表情に 懐かしさで泣けてきます。

あぁ もうだめですね。

しばらく 涙腺が崩壊したままになりそうです。

今回 きくの最期を看取ったことで この1週間 ある葛藤がありました。

それは 猫の本能として迎える死と 家族で看取ることの死。
実は 何度も何度も きくは必死に歩いて玄関やベランダの側へいって 外へ行きたがっていました。

それは 多分死に逝く場所へだったと思います。

でも 私たち家族はそれを拒否しました。

プライドが高くて あまり甘えないきくちゃんからしたら それは最も残酷な状態をみせることになったと思います。

でも 家族としては 最期の最期まで希望をもって 生きてほしかった。

生きてほしい

けれど

これ以上 苦しめるような医療行為で延命させることは 果たして人のエゴなのか?

ここでも 迷いました。

こういう経緯があって すぐに次の病院を探すということが どうしても出来なかった理由の1つでもありました。



2日前に ちょっと不思議なことがありました

2匹の猫が きくちゃんの寝ている側まできて しばらくじっとその様子を見つめているのです。

鳴くわけでもなく ただ その姿を見守っている様子が 普段は仲が悪くて近くまでいきもしないのに とても不思議で何とも表現できないような 空気がありました。

今思えば 猫同士で最期のお別れをしていたのかもしれません。


昨日 あまりにもやせ細ってしまった体をみて せめてお腹いっぱいにしてあげたいと思い 次の病院へ連れて行こうと決めていました。

でも もうそれは叶うことはできませんでした。

息をひきとった後の きくちゃんの顔には 朝の光があたって 毛がキラキラ光ってとてもキレイでした。
まるで 天使が迎えにきてくれたようにもみえて その瞬間はなぜか涙がでなかったのです。

少しづつ 時間がたつと 

やっぱり ダメですね・・・



11年前の 暑い夏の日

野良の小さな 小さな子猫が 声がつぶれんばかりの大声で鳴きながら

我が家にあがりこんで来たあの日

あの日から きくちゃんとして我が家の家族になったんだね。

ご近所や 小さい子からも可愛がられて なぜか愛嬌があって声をかけるちょっと変わった猫。

外が大好きで

帰ってくると 姿を見ると必ず遠くから走りよってきたり、ガレージや門灯の影から「おかえりーっ」て声をかけてくれたっけ。

あの 「おかえりー」はもぉ 聞けないのが寂しいよ


また いつか会えるまで

それまで 少しの間

さよなら

関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

1. 無題

きくちゃん 安らかにお眠りください

ペットの旅立ちは耐えられませんね
年齢不詳さん 元気だしてください

2011-01-27 19:02 from きゃらめる | Edit

2. 無題

素敵な時間をたくさん過ごせたのですね。
年齢不詳さんときくちゃんの時間を感じたら涙が出そうでした。

2011-01-27 19:23 from マチコ@ | Edit

3. ぉつかれさまでした

死とは色々考えさせられるところが必ずあるものですね

風邪などひきませんように

2011-01-27 19:50 from ゆかぴ | Edit

4. はじめまして

年齢不詳さん、はじめまして。

私も最近可愛がっていた猫を二匹、たて続けに亡くしました。
そのたびにネコの本能のままに生きることと、人のそばで守られて長く生きること、どちらの方が幸せなのだろうと考えさせられました。

今は悲しくて仕方がないことと思いますが、きっときくちゃんとの思い出が心を暖かくしてくれる日が来ると思います。
あまりお気を落とされませんように…

2011-01-27 21:25 from ちぃ | Edit

5. 無題

本当にね。生きていて欲しかったでしょう。つらいでしょう。
きくちゃんはきっと年齢不詳さんを守ってくれるでしょうね。きっとです。また、会えますよ。

2011-01-27 22:23 from かなかなれひな | Edit

6. 無題

ただただ、涙がとまりません。
きくちゃん、どうか安らかに。
合掌。

2011-01-28 10:14 from hiro | Edit

7. 無題

いつも読み逃げしてました。
宙(そら)と申します。

私も小さい時からずっと猫と過ごしていて、何度かツライ別れを経験しています。
とてもツライと思いますが、残された人間があまりにも悲しみに暮れていると、動物は心配して成仏出来ないと聞いた事があります。

お辛いと思いますが、きくちゃんとの日々に感謝しながら、沈み過ぎませんように…。
(無理なのも承知ですが…)

また、きくちゃんが笑顔で帰ってこられますように!
きくちゃんのご冥福。
心よりお祈り致します!!

年齢不詳さん!!
私は猫を送り出すと、かならず似た雰囲気の猫に廻りあってきました。
きっときくちゃんも帰ってきます^^
それまで、心弱くなりませんよに♪

2011-01-28 10:54 from | Edit

8. 年齢不詳→きゃらめるさん

やさしいお言葉をありがとうございます。
たくましい仔だったので めそめそできないなぁと思ってます。

2011-01-28 13:56 from 年齢不詳 | Edit

9. 年齢不詳→マチコ@さん

共感してもらえるなんて ありがとうございます。
素敵な時間 そうですね。
もっとたくさんあってもよかったのかなぁと思うと悔いてしまいますが、思い出はいつまでも心の中のアルバムに残せますよね。

2011-01-28 13:57 from 年齢不詳 | Edit

10. 年齢不詳→ゆかぴさん

この1週間は本当に長くて 辛かったですね。
動物からみた死を真剣に考えた時間でした。

ありがとう
風邪ひかないように 元気だしますね。

2011-01-28 13:59 from 年齢不詳 | Edit

11. 年齢不詳→ちぃさん

初めてなのに コメありがとうございます。

ちぃさんも 二匹立て続けになくされてたなんて・・・その悲しみを思うととても辛かったでしょうね。私なんて 1匹でもこうですもの。

猫の本能の死に際と 人のそばで看取られること 今回ほどかんがえたことはありませんでした。
昨夜 ささやかなお通夜をして箱にいっぱいのお花をしきつめたのを見て、看取らせてくれてありがとうの気持ちで見送りました。

お花が大好きだった姿を思い出せました。

2番目の猫が私の気持ちを察してか昨晩は添い寝してくれたので すこし慰められました。

少しづつ 悲しみから立ち直れるようになりたいと思います。

2011-01-28 14:05 from 年齢不詳 | Edit

12. 年齢不詳→かなかなれひなさん

察してくれるお言葉をありがとうございます。
なんだか、気持ちの整理には時間が必要ですね。
名前を思い出して きくちゃんがいつもいた定位置を見るたびに泣けてしまいます。

向こうで会えるのを信じていようと思います。

2011-01-28 14:07 from 年齢不詳 | Edit

13. 年齢不詳→hiroさん

すみません
泣かせてしまいました。
hiroさんは優しい方なんですね。
きくちゃん 多分一目散に天国へ走っていったように思います。

2011-01-28 14:08 from 年齢不詳 | Edit

14. 年齢不詳→宙さん

コメをありがとうございます。
読み逃げだなんて 読んでくれるだけで嬉しいですよ。

宙さんも猫が好きなんですね。
別れは会った時から決まっていることですよね。
本当に仰るとおり いつまでも気持ちを残していたら 気持ちよく送り出せないですよね。

本当に変わっていて犬みたいな猫でした。
だからか 他の仔にはないエピソードもいくつかあって・・・我が家で一緒に過ごしてくれたことを感謝したいと思っています。

今朝 最期のお別れをしたのですが、声をかけたらすぐにも起きそうな寝顔でした。

少しづつ悲しみを乗り越えて 思い出して笑いえる日を迎えるようになりたいと思います。

そして 似た仔に出会えるのを楽しみにしたいですね♪

2011-01-28 14:14 from 年齢不詳 | Edit

15. 無題

きくちゃん、旅立ってしまいましたか。
ご冥福をお祈りいたします。

今は長生きになってきているので、11歳というとまだ若いと
思ってしまいますが、やはり老いには勝てませんね。
急に調子が悪くなって、様子を見るか、すぐに病院へ連れて
行くべきかは本当に難しいところです。動物は我慢してしまう
ことが多いので、飼い主が気づいた頃には症状が進んでいる
ことも少なく無いと思うんですよね。飼い猫でもやっぱり
お外を知っている仔は、隠れて逝きたいと思うのですね。
猫同士、最期もわかるものなんですね。

猫の死を通して、教えられることって多いんだと、私も先代を
見て思いました。この仔たちが生命について教えてくれる
ことって大きいですよね。

私もさくらの時は、すぐには泣けませんでしたが、時間が
経つにつれて、居て当たり前だった仔の姿がいない辛さが
じわりじわりと押し寄せてきたものです。ましてや写真を
見ていると、思い出がたくさん蘇ってきて・・・。

たくさん、泣けるだけ泣いてくださいね!

2011-01-28 17:10 from Miho | Edit

16. 年齢不詳→Mihoさん

Mihoさん、さくらちゃんの時には本当に悲しかったですよね。
少しづつ時間がたつと じわぁと胸が締め付けられる悲しさはこたえます。
今回 最期の迎え方を真剣に考えることになって、今でも迷ってしまうのですが、ささやかながら旅たった日の夜に箱の中にいっぱいお花をいれたきくちゃんの寝顔をみたら、やっぱり家族には見送らせてもらうことを許してもらおうって気持ちの方が強かったです。

Mihoさん あたたかい言葉をありがとうございます。少しづつ 悲しみを思い出にかえていこうと思います。

2011-02-01 09:51 from 年齢不詳 | Edit

トラックバック
Copyright © 『年齢不詳女』への道Z All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。