アンジェリーナ・ジョリー がん予防で乳線全摘手術に思うこと - 『年齢不詳女』への道Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

アンジェリーナ・ジョリー がん予防で乳線全摘手術に思うこと





遺伝子検査で がん抑制遺伝子の変異があることから、乳がんリスクが87% 
卵巣がんリスクが50%という結果だったことから 予防手術として両乳房の
乳腺全摘出をおよそ3ヶ月かけて 先月4/27に全て完了したことを 
新聞のコラムで発表したことで全世界でニュースになったのが発端。

このニュースを聞いた前日 偶然にも私が市役所から
乳がん検診の通知が届いたばかりだったんです。

乳がん検診通知.jpg

30歳の頃から、乳がん・子宮がん検診を毎回受診しているので受けるのが当たり前の
ようになっていますが 意外と30代の女性は受けに来てないんですよ。
40代も思っているほど 来ていないですね。圧倒的に50代以上のお姉さま方の検診率が
圧倒的に高いのが一目瞭然てなくらい はっきり分れてます。

私の住んでいるところでは、乳がん検診って満30歳になると 市役所で無料検診が
受けられるんです。30代まではエコーなんだけど これ自費だと5000円くらいするから
もったいないと思うんですよ。
どうして 受診する女性が増えないんだろう・・・

日本人の乳がん罹患率は18人に1人。 アメリカは8人に1人。
でも 早期発見で生存率が格段に上がっているのも事実ですからね。
受けようよ 本当に。

アンジーとママ.JPG

母親のマルシェリーヌ・ベルトランさん(左)と一緒に
2001年7月、米ハリウッド(ロイター)

アンジーは現在 37歳。

お母様はフランス人女優のマルシェリーヌ・ベルトランさん。
写真をみると ママ似なのがわかりますね。
そんな愛すべきお母様は 56歳の若さで卵巣がんで亡くなっていました。
闘病生活はおよそ10年だったそうですから 発症は46歳頃。

家族をがんで亡くすと もしかして私にも遺伝してる?
って心配になるものですが アンジーは遺伝子検査を受けて その結果に迷うことなく予防として 両乳房の乳腺切除を決断しちゃうなんて 男前だなぁ・・・。
夫のプラピが彼女の決断に尊敬しているというコメントも 理解ある夫だなって思いました。
結構 こういうことって男性の方がビビッて逃げ腰になりそうじゃない?

乳腺の切除というのは 母乳を作る乳腺だけを切除するもので 表面上の乳房はそのまま温存できる術法。
切除後は インプラントを挿入することで 術前と同じ状態に戻ることで今脚光をあびている乳がん手術の1つと言われているものです。

日本では ごぼう茶で若返る!の南雲先生が 第一人者として有名ですよね。
(ごぼう茶よりも実は 乳がん手術の方で先にTVでてた方)

アンジーの決断と実行力は 全世界の女性に多大な影響を与えたことだろうし、
実際に予防手術に興味をもった人もふえたかも知れない。

けど、いくら発症率が高いといっても 実際にガンが発見される前に予防手術を受けることって 簡単に決断できないと思うなぁ とくにここ日本では難しいかも。

いくら見た目が変わらないままとはいえ、がんになる前に全摘出ですよ。

子育てが終わった もっと上の年代 そうねぇ
やっぱり50代以上にならないと 考えられない気がするのは私だけかなぁ。

やるとしたら、せめて発症リスクがどれだけあのかくらいは
調べてみたい気持ちはありますね。
アンジーが受けた遺伝子検査は、日本でも受けることができるんです。

最新の「がん超早期遺伝子診断」というものがそれ。
がんになる前のがん細胞を発見することで、がんを未然に予防するためのアクションを計画できることが最大のメリット。

後天的な要因(生活習慣、生活環境、ストレス、加齢など)により増大する”がんリスク”、”微細がん細胞の存在リスク”までを診断することができるそうですよ。
後天的な要因がわかれば、今後の生活習慣や環境の改善、必要なサプリメント、免疫療法などの予防的アクションを組み合わせて行うことで、がんの発症を未然に防げる可能性大きいということ。

この検査に必要なのは 20ml程の自分血液のみ。
これだけで 自分の中の潜在的ながんリスクがわかるということです。

ただし・・・

この検査 健康保険対象外。
検査費用は 27万5000円します。

>>問い合わせ先:「がん予防を推進する会」
推進委員 斎田圭子(アピカ・コーポレーション代表取締役)
tel 03-3412-5988

うーん 遺伝子検査だけで 人間ドッグの何倍もしちゃうんですね。
でも もしもがんが見つかったら 検査費用・手術費用・治療費はもっとかかるわけだし、治療中は仕事を続けるのも大変な訳でしょ。

あ~~ お金貯めよう!(そこかよっ)

そうそう アンジーが行った乳がん予防手術と乳房再建手術も残念ながら 
健康保険対象外です。
自費治療ってやつですね。

せめてこのがん遺伝子検査だけでも 加入している「がん保険」が
適用できるといいんだけどなぁ
絶対需要あると思うなぁ。

アフラックさん 頼みますよ~~~

関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

1. 無題

私もこのアンジーの記事を読んだ時、やっぱり検診をするべきだと感じましたね。
私も子宮がん検診はしていますが、乳がん検診は気になりつつも、未受診。
名古屋市では40歳になると無料検診ができるので、そこまで待とうとか思ったり・・。

父もガンで亡くなり、父方の祖父母や兄妹はガンが多いので、やはりガンは一番
気になるところではあるんですよね。出産経験もないから、なおさら発ガン率も
上がるのではないかと。

しかし遺伝子検査だけでその金額では、受けられないですね。
会社の健康診断の際に血液検査で調べてくれるようになったら良いのに・・。

やっぱりお金を貯めるしかないかな。
検診も考えようと思います。

2013-05-16 17:01 from Miho | Edit

2. 年齢不詳⇒Mihoさん

これだけ医療やITが進化しても ガンの発生率って下がらないですよね。というより 特効薬もかかる部位によって差があるし。

名古屋の方は40歳以上だと無料検診なんですね。せめて30歳から無料にしてくれてもいいのにぃー
自費で検診なら きっと私も毎回は受けなかったと思うな。

遺伝子検査って 実は肥満をはかるものしか覚えがなくって ガンもわかるんだって。
それにしても 高っ!
予防手術が高いのはわかるけど 検査費用が27万はね・・・
本当 会社の健康診断で簡易でもいいからもう少し割安で受けられたら みんな気軽に受るよねーーー

2013-05-17 10:48 from 年齢不詳 | Edit

3. 無題

ペタからです。

このニュースで後々のこと、きちんと考えないとと奮い立たされました。お金、私もためます。

2013-05-17 16:12 from Fleurir | Edit

4. Fleurirさん 

ペタからいらして頂いて ありがとうございます♪

予防措置で 乳腺全摘ですからね。
発症前での決断は 衝撃でしたし
本当 色々考えるきっかけを作ってくれた
アンジーですよね。

なんだかんだ 先立つものはお金ですが
お金は魂の化身とよく言われる由縁もなんとなく納得しちゃいました。

2013-05-17 16:36 from 年齢不詳 | Edit

5. ブログ村のアンチエイジングから参りました。

今34才です。私も30才のときに市から無料検診の案内が届きました。
が、免許の無い私にとって自転車では微妙に遠い病院で…受けませんでした。

先日このアンジーの件がNEWS ZEROで取り上げられており、日本は『発症前』に関して消極的だと報じていました。
また、こちらのBlogでも書かれている通り、保険適用外で30万円とも。

自分理由では金銭的に、他者理由ではできる病院や医師の少なさ的に、日本ではまだまだ難しそうですよね。

今回のアンジーの件が、日本の医療業界や保険業界に一石を投じてくれたら良いのですが。

ちなみに…
南雲先生は今、『一日一食&水シャワー』で有名ですよね。
←私もバラエティ番組でそのネタで知りましたし…。まさかごぼう茶や乳房再形成等ですでに名の知れた方だったとは。バラエティ番組て怖いですね(苦笑)

2013-05-17 20:41 from りな | Edit

6. 年齢不詳→りなさん

はじめまして りなさんこんにちは

アンジーの件で 世界中の女性達に がんに対する意識づけをさせてくれたましたよね。
近々 子宮摘出手術もするそうですよね。

乳がんにならないような食生活や 早期発見するための乳がん検診等 今個人でできるのはそれくらいですよね、日本では。

遺伝子検査も これからもっと注目されて 行政が動いてくれるといいですよね。

2013-05-20 09:41 from 年齢不詳 | Edit

トラックバック
Copyright © 『年齢不詳女』への道Z All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。