睡眠不足が肥満体質を作る - 『年齢不詳女』への道Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

睡眠不足が肥満体質を作る

食べてる量も生活環境も変わらないのに
1kgほど体重が増えてしまって ちょっとナーバス。

先月はデトックスに成功して 浮かれてたら奈落の底へドーンとは・・・
生活環境は変わらない とは言ってみたけど
思い当たるのは 睡眠時間がじりじりと減っていたのに気づいた私。

睡眠不足はデブを作るってことを 忘れてたんです 泣

睡眠時間が短いと肥満になる!

studyatnight.jpg

これ ちゃんと学会で発表された根拠あること。
美肌と健康のためにも22:00~2:00までには寝るのが理想というのは有名なのに、
睡眠時間が短いと肥満になるのはあまり知られてない。

ある研究データでは 最も肥満度が低かった人の平均睡眠時間が7~8時間。
5時間睡眠の人は なんと肥満率が50%UP!
4時間以下の睡眠の人にいたっては なんと73%もUP!していたそうです。

寝るってダイエットだったの?って不思議ですよね。

なぜ 睡眠時間が短いと太るのか?
その理由の鍵を握るのがホルモン。
「レプチン」と「グレリン」というホルモンバランスが崩れることが関係あるようです。
「レプチン」は食欲を抑えてくれる満腹ホルモンであるのに対し、「グレリン」は胃で作られる食欲を増進して働く空腹ホルモン。

睡眠時間が短くなると 満腹ホルモンの「レプチン」の分泌が減って、空腹ホルモンの「グレリン」が増えてしまうんです。
具体的な数字で表すと 睡眠時間が5時間の人は8時間睡眠している人と比べて、
レプチンが16%少なくて、グレリンが15%も増えている状態。
食べる量も生活環境も変えていなくても 太りやすい体になってしまったということです。

空腹ホルモンは高カロリー好き

空腹ホルモン「グレリン」には 好きなものがあるんですよ。

Eating-at-Night-.jpg

それは こってりした脂肪がギラギラしたものや高カロリーの食事に目がないってこと。
夜中に突然ラーメンとか 甘い物が食べたくなることが多い理由は、グレリンが増えているサインが原因だったんですよ~~。
増えてしまった この空腹ホルモン「グレリン」どうしたら治るの?と気になるところですが、それは病院へ行かなくてもダイジョウブ。
7~8時間ほどの充分な睡眠をとるようにすれば 体重が正常にコントロールできるようになって 満腹ホルモン「レプチン」も増えてくるそうです。

まぁ考えたら 起きている時間が長ければ 夕飯の後に6時間たてばグゥ~とお腹がなって 夜中のグルメ番組なんてみてたら さらに食欲が増えちゃいますよね。

なので お腹が減る前に寝るのがベスト。
ちなみに 食後は2時間飲まず食わずの状態で寝るのがベストだそうです。

[PR]
頑張らないあなたに!サラシア配合の
メタバリア★お試し980円★
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 『年齢不詳女』への道Z All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。