間違いだらけの食中毒対策 - 『年齢不詳女』への道Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

間違いだらけの食中毒対策

今夜放送した『ためしてガッテン』こんなのアリ!?食中毒 信じられない新常識!を見て
あまりにも いままで常識だと思っていたことが 全部 間違っていたことがわかって
ショックでした。
まだ 記憶が新しいうちに備忘録記事として残しとかなきゃっ 汗

加熱したら食中毒菌が大増殖?!

例えば カレーやシチュー、鍋料理はご用心。
夏の野菜カレーなんて 夏バテっぽい時にはよく食べるんだけどな。

カレーを作っている間、加熱している中で他の菌は死滅しても ウェルシュ菌という食中毒菌の元だけは小さなカプセルの中でじっとしてるんです。
そして火をとめて だんだん温度が冷めた55℃~20℃になると 今までじっとしていたウェルシュ菌が天敵なしの「天国」状態の中、増殖しはじめるというのです。

こうなった状態で 翌朝再加熱すると すでにカプセル状態のウェルシュ菌が大量に鍋の中に発生しているため 食中毒を引き起こすというのです。

ここで 予防することは1つ。
調理後 2時間以内に20℃以下に冷やすこと!
小分けにしてタッパーやジップロックのような保存専用のパックにいれて 冷蔵庫へいれることで防ぐことができます。
でも 今って本当優秀なタッパーがでてるもので抗菌で密閉になるものまで出てるんですね。
>>抗菌/密閉プラスチック保存容器 バイオキーパー

匂いや変色がなくても食中毒になる

ツーンとした匂いや 見てわかるくらい変色してたり 糸がひいてたりすると『腐ってる!』と判断しますよね。
もしも食べたら食中毒になるって 直感でおもうはずです。

でも・・・
腐敗菌 と 食中毒菌 は別の種類なんです。
番組内での実験では 2つのお弁当を用意して 一方のお弁当にだけ食中毒菌を塗布し、もう1方には腐敗菌を塗布して どちらが食中毒菌がはいっているのかを当てるというものでした。

結果は 全員が「腐敗菌」が塗布したものを選び 一人も「食中毒菌」を塗布したお弁当には危機感を感じなかったんですよ。
つまりは 見た目だけで食中毒菌がはいっているものかどうかは わからない という結論でした。
そうそう 驚いたのは腐敗菌と食中毒菌を同じシャーレにいれたら 食中毒菌がほぼ全滅したという結果だったんです。 腐敗菌が食中毒菌の持つ栄養を食べてしまう力が強いからだそうです。

>>お弁当の菌の繁殖を抑えるキュートな抗菌シート

それにしても なんだか今までの思い込みや常識と思っていたことって 何だったんでしょう。

夏の間は、カレーは作り置きしないで食べきる方向が 安全かもね。
次の日のカレーがどうしても食べたかったら 冷蔵保存厳守の方向でってことで。

関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 『年齢不詳女』への道Z All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。