モモちゃんが旅立ちました - 『年齢不詳女』への道Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

モモちゃんが旅立ちました


『年齢不詳女』への道DX-momo2130623a.jpg


23日の朝 モモちゃん 
眠るように静かに旅立ちました。

一緒に過ごした18年間の思い出は 家族の一員 我が家の4女として
たくさんの愛情を注いでいたので 気持ちの整理がつかないまま
昨日は1日泣きはらしていました。

悔やむことが多すぎて
後悔ばかりの気持ちで 胸がいっぱいになってしまって
このまま感情のコントロールが壊れたままだとマズイと思って、
気分転換に録画してあったドラマを見ていたら
あるお葬式のシーンでのセリフが ポーンと心に響きました。

「もぉ人の死には 悲しまなくなったの。
 彼の物語が終わったんだ、と思うようにしてからね」と。

腑に落ちた言葉でした。



『年齢不詳女』への道DX-momo2130623b.jpg

あぁ 18年間のモモの物語が 今日最終話だったんだ。

そう思った途端 涙が止まって少しづつ落ち着きが戻ってきました。
確かに この18年の間 色んなことがあったなって。

家出2回。(1週間)
よその猫にかじられたケガ2回
風邪をこじらせること4回
夏になると お布団の上で粗相する奇妙な行動には毎年頭を悩ませられました。
私が呼ぶと 無視して
母が呼ぶと 振り返って 「にゃあぁあ~」と返事をする日常。
ブラッシングをしようとすると ブラシをパンチして振り落とさせ私の足先を 
ガブッと噛んできたり
2.5kgの小さな体のどこにこんな力があるのかってくらい大人3人がかりで
羽交い絞めにしないと 爪を切らせてくれなかったり


『年齢不詳女』への道DX-momo2130623d.jpg

スィーツが大好きで 本当においしい物しか食べない所があったり
カツオの匂いがしたら 爆睡していてもキッチンへダッシュしてきて ねだったり
冬は母のベッドで枕の上で 寝ていたり・・・
毎晩 ソファでTVを見るときは 母と私の間にちょこんと座って
女子会 と称してくつろぐのが1日の終わりの恒例で、なかなかソファへ来ないと
呼びにきたりしてたっけ。
ヘッドスパといって 耳の後ろや体をマッサージしてあげると 舌だして気持ちよさそうに
してくれた それが唯一のコミュニケーションだったな。

あー なんて 楽しい物語だったんだろう。

今度は お空の向こうで第二弾の物語がはじまるんだろうな。
先に旅立った ちょび君、きくちゃん、よるじぃがお迎えにきてくれてるかなぁ。

死に顔が すやすやと安らかなやわらかい表情で あんまりカワイイので父が
 「剥製にするか!」と言い出して噴出してしまいました。

気持ちだけは 同感するけどね。

せっかくなので マチルダのピンク色のリボンをつけてあげたら
本当に すやすや寝ているようにしか見えないんですよね。
 
今夜 お花をいっぱい敷き詰めて 明日火葬しにいくことになります。

よく 動物の死に目に会いたくないから 飼いたくないという人の話を聞きますが、
私は最後に見とれる幸せもあるんじゃないかと思います。

始まりがあれば 終わりも必ずくるんですよね。

母は もぉ飼わない もぉ動物は飼わないから絶対!!と言っていましたが
長く一緒にいた分 愛情深くなって当然。
猫と過ごした物語を紡いでいたと思えば幸せなことじゃないかと 今ならそう思えそうです。

少しづつ 本調子に戻るように リハビリしていきます。

PS: Mihoさん、アクビ64さん コメントありがとうございます。
こちらのことがあったので コメント欄への返信はしませんでした。
いつか迎えるペットの死は 何度迎えてもダメですね。
でも 最後に看取れることができてよかったです。
今は 感謝しかないです。


『年齢不詳女』への道DX-momo2130623e.jpg
これが 16日に撮った最後の写真になりました。



関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

1. 初めてコメントします。

こんにちは。ももちゃん、旅立ってしまったんですね。私は、ゴールデンウィークに事故にあった野良猫ちゃんを動物病院に連れて行きました。死ぬか生きるかの猫ちゃんで、毎日病院に通いました。願いが通じたのか命は助かりました。しかし、下半身麻痺は残り今も足を引きずって歩きます。なので、ももちゃんの話を読んで他人事には思えませんでした。いつかは、亡くなる命なんですよね。

私もその時がくるまで猫ちゃんを可愛がってあげようと思います。

2013-06-24 16:00 from もきお | Edit

2. 無題

急な訃報にビックリしました!
それくらい、体力的に弱っていたのですね。
それでも、病名がわかっていたことが救いでもあった気がします。

たくさんの伝説を残してくれた子でもあったようですね、モモ嬢は(‐^▽^‐)

最期を看取れる幸せもあるのだと、本当に感じます。
彼女の生きた時間に自分も側にいれたことが嬉しく感じますよね。

暫くはまだ実感がないというか、寂しくはなると思いますが、猫好きは
いつまでも変わりませんから、またいつか新しい子を迎えたいと思う日が
来るかもしれませんね。

モモちゃん、お疲れさま!
第2の猫生、天国で始めてね。

モモちゃんのご冥福をお祈りします。

2013-06-24 16:19 from Miho | Edit

3. 無題

大変でしたね。

突然の死・・・・
私もなん匹を送ったのでしょうか????


それでも、楽しく生活してます・・・・・・

我が家は、ニャンコ5匹と暮らしてます。


ご冥福を・・・・・

2013-06-24 21:43 from べれる | Edit

4. はじめまして

自分の猫の様に心が苦しくなりました…。
うちのにゃんこも15歳です…。
大切に大切にしていこうと思います…

2013-06-24 22:11 from ふわねこ | Edit

5. もきおさん

事故にあった猫ちゃんを救ったなんて 素晴らしいですね。奇跡がおきて 本当によかったです。
麻痺は残っても 生きて元気になってくれれば 心の底から嬉しいですよ。

最期の日は 命あるもの必ず訪れるんですよね。
本当に愛情かけて一緒に過ごしたペットの死は現実に受け止めるのに 時間がかかりそうですけど、生まれて一緒に過ごせた奇跡に 感謝しようと思うと 少しづつだけど 気持ちが落ち着きます。

どうかもきおさんも その猫ちゃんの最期の時を一緒に見送れるように 毎日を楽しくお過ごしください。

2013-06-25 13:54 from 年齢不詳 | Edit

6. >Mihoさん

Mihoさん いつもありがとう
悪くなるとあっという間に動けなくなってしまうのね。
いろんな思い出と武勇伝を残してくれた モモ嬢は我が家の伝説になると思います。

逝ってしまったけれども 急遽かけこんだ病院に出会えて ちゃんと診断してくれた先生には感謝してるんですよ。家族の気持ちを汲み取ってくれるのは 獣医さんじゃないと できないもの。

しばらく気持ちが落ち着くまで時間がかかるかもしれないけれど アルバムの整理や岩合さんの写真集でもみて癒されようかなぁと思っています。

2013-06-25 13:58 from 年齢不詳 | Edit

7. >べれるさん

今までに何匹も見送られてきたんですか。
何回あっても 辛いですよね。

今はニャンコちゃん5匹もいらして  楽しそうでいいですね♪
いつか 新しい家族を迎えられる時がきたら いいなぁと思っています。
お悔やみの言葉 ありがとうございました。

2013-06-25 14:01 from 年齢不詳 | Edit

8. ふわねこさん

お悔やみのコメントありがとうございます。

最期の日は まだ先だろうと思ってたんですが
やはり 必ず訪れるんですよね。
高齢猫になったら、ワクチンだけじゃなく 1年に1回健康診断もしてあげるといいかもしれません。
特に 水を飲む量とおしっこが多くなったら 腎機能が低下しているサインなので。
毎日を 猫ちゃんと過ごす時間を大切に過ごしてください。

2013-06-25 14:04 from 年齢不詳 | Edit

9. モモちゃん

かれこれ3年ほどファンでブログを拝見してました。

美容ネタ、時々のスピリチュアル、そしてモモちゃん。

わたしも5年前に20年生きた愛猫がいました。旅立った時は、一日中泣きました。
わたしも、もう動物は、、と思いましたが、年月が経ち、またいつか飼いたいと思えるまで回復しました。

モモちゃんは、大切にされて幸せでしたね。また縁があれば、違う猫ちゃんや動物を連れて来てくれると思います。

少し休んで、また元気に戻って来て下さい。応援してます。

2013-06-25 21:40 from みみ | Edit

10. 無題

生き物飼うと、いずれ、悲しい時が迎えてしまうの寂しいですね。ペット、飼っているので、悲しい日が訪れる日がありますね。ペット、悲しい日がきたら、もう飼うことないですね。

2013-06-26 00:38 from 静りん | Edit

11. モモちゃん

回復に向かっているのだと思ってたので、訃報知った時は胸が詰まりました。
我が家にも老猫がいますので…

モモちゃん、ご家族に凄く愛されて幸せでしたね。
愛情が深いからこそ、悲しみも深いですよね。

今はまだまだ無理ですけど…
少しずつ悲しみが癒えて素敵な思い出に変われる事を願って止みません…

2013-06-26 22:00 from アクビ64 | Edit

トラックバック
Copyright © 『年齢不詳女』への道Z All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。