雪道アイスバーンの歩き方 - 『年齢不詳女』への道Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

雪道アイスバーンの歩き方

あのぉ 雪がやみません・・・・

21:00頃には やむ予報がでているものの 
怖いのは 明朝ですからっ

車通勤なんで スタッドレスなんて履いちゃいませんし
暖かくなって アイスバーンが解凍するまで 自宅待機する気満々です。

無理しても 会社は車の保険はだしてくれませんからね。

で、電車通勤されてる方は 自分パワーで歩けるから きっと無理してでも来い!と
きっと言われちゃうんでしょう。
言われなくても 無言の圧力がふわっとかかることでしょう。

なので 雪道・アイスバーンの正しい歩き方を 調べておきました。
お役に立てたら ポチお願いします。

その前に準備です。
服装は パンツですよ。
スカートはおやめになったほうが無難。

1.靴底はゴムで 平らな靴やブーツを選ぶ
2.荷物は偏らないようにする(できれば リュックがベスト)
3.手袋をはく
4.イヤホンはつけない!
5.両手はすぐに自由がきくようにしておく

さぁ レッツラゴー

あ、あれはピカッと光って凍ってる路面。

まずは どこまでアイスバーンか把握します。
次に しっかり下をみて 自分の足が下ろす先を確認します。

平らな道であれば 体重を靴底全体にかけて ゆっくり進みましょう。
ちょっと膝をまげて 大地を押すように垂直に足を降ろして
大男になった気分で進みましょう。

ずっと下を向いていては危険です。
2歩進んだら 前を見て周囲を確認。
そして2歩下をしっかりみて 又前をみて確認。

決して急がず ゆっくり慎重に進むことが大切です。


今度は下り坂です。
ここは 帰りましょう・・・・
どんなに 平なゴム底の靴でも 滑るときは滑ります。

ここは慌てず 壁かガードレール側へ寄ってつかみましょう。
全体重を前側へかけて ゆっくり進むことで 少しづつ降りることが可能になります。
この時 かかとへ重心をもたせると スピードが出るのでご注意!
スノボーやったことある人なら 重心の位置でスピードが加速したり 遅くなったりするの
わかりますよね?

無事会社へついたら 自分をほめてあげましょう。

焦らず ゆっくりですよ~~

健闘とご無事を心よりお祈りしております。

関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 『年齢不詳女』への道Z All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。