くすんだ肌やシミもカバーするトシーCCクリームのカバー力 - 『年齢不詳女』への道Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

くすんだ肌やシミもカバーするトシーCCクリームのカバー力

BBクリームが 今ではすっかり定番メイクアップ商品になってきた感がある今日この頃。
人によっては 時間がたつと肌がトーンダウンしたように見えると思う人も 多いみたい。

私の場合は BBクリームを塗ってから 午後は明るめのフェイスパウダーでお直しして使っているので ちょっとはトーンカバー予防はしてるとは思うけど できれば手間は省きたいのが 本音よね。

そこでここ最近注目されているのが 「CCクリーム」
昨年から 各メーカーから発売されてはいたものの 正直BBとの使い分けがわからんちぃという人も多かったんじゃないかしら?

なんていう私も 今回商品モニターの依頼がなかったら わからなかった「CCクリーム」の底力でもありました。
さて、何がどう違うの CCクリーム。 
今回は1ヵ月半じっくり使った体験レポート はじまりはじまり♪

CCクリーム1.jpg

今回参加させていただいたのは 韓国でもNo.1の人気を誇る「トシーCCクリーム
なんでも 巷にある肌色補正だけのものとは違って、紫外線等による老化の進行をゆるめて
ハリ感のある若々しい肌にさせるアンチエイジングにも特化した仕様になっているんですって。

しかーも 本国韓国でも 普通にお店では買えないんだって。
唯一買える所というのが、韓国のグランドハイアット直営店SPAと セレブが通う高級DAY SPAの 限定された2店舗のみの販売。

単体だけでは 買えなくてSPA利用が前提というから 本当に入手困難な セレブだけが使う高級CCクリームというから びっくりよ。

今回 日本で唯一取り扱うことが許されたお店から通販できるから すごくラッキー☆


CCクリーム2.jpg

トシーC.Cクリームを手にとって 一瞬戸惑ったのが 
「どこからでるん?」 

ボタンでもキャップでもないの。
「うーーーん うーーーん」 しばらく悩んで判明!

ボトル底の銀色の部分をひねると、上のポンプが飛び出す仕組みになってた!
ひゃー すっごーい おもしろーい
キャップはずさないでいいから 楽ちーん♪

なんか こういう仕掛けがあると やけにテンションあがるわ。


CCクリーム3.jpg

さて では実際に塗ってみまーす。
まずは左手の甲へ ワンプッシュ。

ちょっとピンクかかったクリームファンデーションぽいテクスチャー。
クリームとはいえ ノビいいんで スイスイ広げて塗れちゃいます。



CCクリーム4.jpg

はい 両手比較。
なんか 右手が異常にきったなくみえて オラ はずげしぃ~~~って位 差がでてるでしょ。
うん、白っぽすぎないか?とも思ったけど 塗ったばかりの状態はさすがに白い。

でも少しづつ時間がたつと地の肌色に溶け込んでくるのか 白っぽさはあまり気にならないかな。

それにしても なんだこの右手の肌のシミやらくすみやら もぉ~~ アラだらけじゃないのさっ



CCクリーム6.jpg

あまりに 見るに耐えんので 右手の甲にも塗ってみた。
スイスーイ 本当ノビがいい。
結構 コスパが良いと思う、このCCクリーム。


CCクリーム7.jpg

はい、ドーン。

どーでしょうか?
やっと 見れる色になったかしら。

写真の方が 肌補正っぷりがわかりやすいかも。
右手の甲 塗る前の画像と比べると シミとかクスミが かなりカバーしてるのがわかるわ。
完璧に消すというよりも 一枚明るい肌色を乗せたって感じかな。

エステ後の みずみずしい肌っぽい色。
うーん ハンドクリームにもCC入りのものが欲しいわね。

で、ここまでは わかりやすいように両手の甲で比較してみましたが、実際お顔につける時はスキンケアを全部終えた状態で 最初に使います。

下地と同じ位置かな。

カバー力はないと言っているので、これを塗った後にいつも使うファンデーションを使うといいかも。

保湿力はいいとは言ってるけど どうも私は使っていると 乾燥してるような感触があったのでオイルを少し混ぜてから使ったら ちょうど良かったかな。
(肌質・感触は個人差があるのであくまで参考に)

あと これは余談なんだけど なぜか鼻の頭の毛穴が綺麗にとれるのよ。
そんな効果は一文だって書いちゃいないんだけど クレンジングするでしょ。
洗い流した後に 鼻の頭をみると 塗ってない時と比べて ハッキリわかるくらい毛穴がキレイになってるの。
何?下手な毛穴パック塗るよりもずっと取れるんだけど。

なので 1ヵ月半全顔にぬってみたり 部分的につかってみたりした結果
私が一番使いやすい塗り方は 目の下、鼻周辺、口角 に限定した使い方がベストと判明。

肌色の補正効果というか この発色は使うほど 「よく出来てるな~、自然な明るさだな~」と
関心するばかりなの。

だから 肌の中でも一番明るくみせたい部分にだけ ハイライト的な使い方をしてみたらこれがピッタリだったという訳。それに+エイジング効果も持続してるんだから 一石二鳥以上♪

しかもしかも ファンデの上からも重ねて使えるのよ。
コンシーラーを点々しながら使うこと考えたら トシーCCクリームで サッサッサとポイント塗りした方が
かなり時短で確実。

それにしても 本国韓国では たった2店舗限定で限られた人しか買えない高級CCクリームが
日本では誰でも通販で買えるなんて なんだか申し訳ないわぁ~と思う反面 日本に住んでてラッキーラッキー☆と久しぶりに 運が良い自分を実感しちゃったわ。

入手先はこちらのお店で>> トシーCCクリーム
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 『年齢不詳女』への道Z All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。