水素のサプリで効率よく老化の元を除去 - 『年齢不詳女』への道Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

水素のサプリで効率よく老化の元を除去

人は息をすってはいての呼吸をしなければ 生きていけません。
でもこの酸素を吸ってーーーが 活性酸素の元なんだよねって
言われても 息を吸うことはやめることはできませんよね。


今 こうしている間にも 生きている限り
食べた物は消化され 分解されて 血となり肉となり骨となり
栄養素を全て吸収したあとは ウ●チや尿として排出されていきます。

この循環が毎日 スムーズに行われている人は 健康花マルです。


だけど 悲しいかな


運動不足やストレス、過食や体の巡りが落ちていくと 代謝も免疫も
どんどん低下して 体の中には体をサビつかせる「活性酸素」だらけになって
いろんな 病気や症状を発症させていくんですよね。


一番身近に感じるのは 朝の目覚めが悪い、疲れがずっと残る、体がだるい
体が重い、体が凝りかたまってる、頭が重い・・・などなど


美容でいえば 日焼けもメラニンや活性酸素を引き起こすので
シミ・シワ・顔のたるみなんかも90%ほどが「活性酸素」が原因ともいわれてます。


ほっておけば 体の中が活性酸素で満タンになってしまうのを

どんどん除去して 無害のまま排出してくれる

画期的な成分があるんです!



それが 「水素」

「活性酸素」を効率よく除去して 水にもどしてくれる
すばらしい働きをしてくれる
なんて 寝てればいいだけじゃん。

って思うくらい 本当にスーパー助っ人成分。


この「水素」 ポリフェノールなんて目じゃないくらい

ハンパないほどの「抗酸化物質」をもってるんです。

サビさせない還元力では1番といわれていた

CoQ10のなんと863倍のハイパワー能力!


しかもですね、この「水素」は地球上に存在する物質の中で最も小さいことから
細胞の中と外を自由に出入りできる性質をもってるんですね。


ということは 他のどんな抗酸化物質でも届かない細胞の中や細胞核の中にまで
入り込んで活性酸素を除去できちゃうってこと!!


だから 結果は一目瞭然。



水素美人2.JPG

「水素」は「活性酸素」を見つけると ピタッと結合して水の分子に変化すると

そのまま体の外へ排出してくれちゃうんです。


水素が なんでサプリメントになるか?

これ特殊な技術で 牡蠣の殻の空洞に水素を閉じ込めたまま加工してから
牡蠣殻の粉末して植物繊維100%の素材でカプセルにしてるんですって。


この「水素美人」のサプリメントを飲むと 体の中に入った水素は
なんと7~8時間も持続して 活性酸素除去活動をしてくれるの。
この滞在時間の長さには 驚いちゃうわね。


代謝が落ちっぱなしでどうにもならない私が この「水素美人」を飲み始めてちょうど
3週間目に突入したんだけど 最初と比べて変化って特別なものって
特になかったりするのね。


ただいつも水や飲み物を飲んでる量は変わってないのに
なぜかトイレへ行く回数は増えたの。

んんん???

先に言った 活性酸素を見つけると結合して水になるっていうのを思い出すと
あきらかに 除去に成功している件数とみていいのかも。


そうそう、この間久しぶりに岩盤浴へ行った時なんだけど

いつも入る前に汗をたくさんかけるようにってノニを飲むんだけど
代わりに「水素美人」を飲んだてみたら 汗のかき方が最初からすごかったー!

1クールの後半にはジワジワ汗噴出し始めて ノニより早かったわ!

水素ってそんなに違うの??って ちょっと驚いたなぁ


継続して2ヶ月、3ヶ月飲み続けると もっと滞留している

活性酸素の量も減って 毎日発生している分と 相殺できるようになれば 

きっと体は軽くなるんだろうなぁ~~ 

と想像してたら 


もし、飲まないままでいたら・・・?と想像したら ちと空恐ろしくなってきたわ。


最初の1袋だけ 半額で試せるたのは良かった。
なんでも体感しないと わからないものね。

それにしても 活性酸素は怖いなぁ


送料無料で30日間の返金保証付き!
あわなかったら 返金できるのは嬉しいわ。

詳細は>>30日間返金保証付き!【水素美人】

関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 『年齢不詳女』への道Z All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。