桃の節句 - 『年齢不詳女』への道Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

桃の節句


桃の花.jpg
早いもので もぉ3月ですよ 3月!

時のスピードが早すぎて クラクラしてきちゃいますね。

くしくも 本日は 雛祭り 桃のお節句です。
女の子の日です。
ガールズデーです。

私は対象外なので 別段なにもありませんが、別の機会に桃の花を頂いたので
それを愛でてお祝いしようと思います。

さて本日の雛祭りとはそもそもどんなものなのか、折角なので調べてみましたよ。

元は海の向こうの中国で行われた風習の1つで、毎年3月上旬の巳の日に邪気を祓うのが平安時代に伝わったのが最初のようです。

紙で作った人形に厄を封じて、そっと川に流して厄災を祓って無病息災を願う「流し雛」(ながしびな)の風習となったのが最初だったようです。

それが時代とともに、少しづつ変化して 
宮中では人形遊びが流行って、流し雛がそのうちゴージャスな人形へモデルチェンジしていくと、今度は人形を流さないで、飾るように変わって行きました。
(そりゃあ ゴージャスに着飾った人形を川に流すなんて ありえないと思うわよね)

元々は厄を祓う為に人の形にみたてた紙のお雛様が、時が経つにつれて、宮中の天皇と皇后のお姿を表すようになったとも言われているようです。

江戸時代になると、雛祭りの風習は庶民にも広まってきて3月3日は女の子のお祝いの日とメジャーになったと言われています。

3月3日は桃の節句と言われているのは、この頃に咲く桃の花には、邪気をはらう力があると言われていたからだそうですよ。
それと 桃=百 つながりで百歳まで生きる長寿を願う意味もあったとか。

ずっと昔から、日本には季節毎にその時期にあった植物のパワーを頂戴して、邪を祓って幸せを願う風習が今もたくさん残っているということですね。

この桃の節句の3月3日には、縁結びではかなり有名な東京大神宮様で毎年『雛まつりの祓』が執り行われているようです。

機会があったら 行ってみたいものです。

甘酒と桃の花で 気分だけでも 長寿と健康をお祝いして 桃の節句を楽しむ夜にしてもいいですね♪
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 『年齢不詳女』への道Z All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。