血糖値をさげるホルモンは筋肉から作られる - 『年齢不詳女』への道Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

血糖値をさげるホルモンは筋肉から作られる

健康・長生きの秘訣は 継続して行う運動がいいよ!
と いいってことは知っているけど 具体的にどうして どこに作用していいんだかって
今まで 未知の世界だったそうです。

なんだか とっても意外ですが。

ただ 運動すると 筋肉から100種類ほどのホルモンがでてくることはわかっていて
このホルモン達が どうやら健康・長生きの秘訣になる 健康ホルモンらしいと。


jogging.JPG


そんな中 この100種類の中のホルモンから1つ 
血糖値を唯一下げるホルモンを発見したのが 首都大学東京の藤井宜晴教授。
なんと インスリンの発見から90年ぶりの大発見だそうです。

さてさて、血糖値を下げるホルモンが筋肉から分泌されたら、
どこをどうやって下げることができるんだろう?って思うでしょ。

インスリンの場合は 血管の中に入って
一緒に流れてくる 「糖」 をパクッとつかまえて 血糖値を下げる働きをするんですって。

一方 この筋肉から出るホルモン「AMTキナーゼ」は
筋肉から ビヨーンと血管へ侵入して 流れてくる「糖」をパクッと捕まえて
筋肉に戻って 血糖値を下げる働きをするんですってよ。

なんだかね 筋肉から血管へビヨーンと壁を通り抜けて「糖」を捕まえるあたりが
マッチョだね。
さすが 筋肉から生まれただけあるわ。

じゃあ このAMTキナーゼどうしたらでるの?って話。

何もしていない時は 発動スイッチがオフの状態なんですって。
で ちょっと負荷のかかる運動をすると オンに入って そうなると
AMTキナーゼ 大活躍
ですよ。

ちょっとキツイかな程度の運動が目安だっていってたけど
外へ運動しにいくのが苦手な人なら ペットボトル(水いれて)ミニダンベルにして
ゆっくり ゆっくり 腕を上げ下ろししたりする筋トレでも 充分だそうです。

ついつい 夏がちかくなって薄着になると ダイエット ダイエットって気にしがちだけど
ダイエットの前に 健康あってのカラダですからね。
適度な筋トレ・有酸素運動って 1日おきでも 週に1日でも継続するだけで全然違うっていいますからね。

世界には糖尿病患者が推定2億人いるとかって話ですが 最近は遺伝性よりも 生活習慣病が原因で糖尿病を発症するケースが増えているそうですよ。

自分の家系にはいないから 大丈夫なんていうのは昔の話。

血糖値を下げるホルモンを作ることができるってこと 頭の片隅においとくだけでも
運動する意識が高くなるといいなぁ~~~と思います。


関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 『年齢不詳女』への道Z All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。